« チタニウム・シェービングジェルフォーム | Main | JFreeChart:NoClassDefFoundError »

2007.09.14

Ubuntu Serverで環境構築(2)

 VMware上でUbuntu Serverで環境構築を行おうとしたところ、謎なエラーが出て事実上使い物にならなかった・・・ということで、VMware上ではなく、独立したPCにインストールしてみることで挑戦。

 使用したPCは、家に余っていたNECのPC-98NX ValueStar VC26/4。9年ほど前にリリースされたPCで、PentiumII 266MHz、RAM 192MB(標準64MB+128MB増設)、HDD 3.2GBというスペック。WindowsVistaはおろか、WindowsXPも動くかどうか?

 BIOSでCDブートにして、Ubuntu Serverのイメージを焼いたCD-Rを用いて起動&インストール。VMware上で行ったのと同様の手順で各種アプリケーションをインストールし、./java -version。当然のことながら、Segmentation faultなど発生することもなく、何度実行してもちゃんと動作してくれます。

 試しに、Tomcatの他にApacheやPostgreSQL等もインストール(apt-get)した状態でも、各種デーモン起動直後のメモリ使用量は100MB以下。まぁ、実際にアプリケーションを稼働させていくともっとメモリを消費してしまいので、さすがに物理メモリ128MBなんかだと厳しいでしょうが、192MBあればそれなりに使い物になる感じ? もっとも、このPCの場合はCPUパワーの方が問題になってきてしまうでしょうが(^^;; (ちなみに、メモリ消費量はTomcatが最も多かったです)

 このPCの難点は・・・キーボードをつないでおかないと、エラーが出て起動してくれないことですかねぇ。仮にサーバとして使う場合、本体だけで済めば省スペースになるのですが・・・(笑)。

#あと、シャットダウンを行ってもPCの電源が落ちてくれないんですよね・・・どうも、ちらほらと、そういう現象は出ているようですが

|

« チタニウム・シェービングジェルフォーム | Main | JFreeChart:NoClassDefFoundError »

Java」カテゴリの記事

Linux」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Ubuntu Serverで環境構築(2):

« チタニウム・シェービングジェルフォーム | Main | JFreeChart:NoClassDefFoundError »