« Xming(2) | Main | Ubuntu Serverで環境構築 »

2007.09.11

Javaで日本語が豆腐に

 Linux上で、例えばjconsoleを起動した場合、日本語の部分がことごとく豆腐(□)になってしまうという現象が(おそらくパッケージマネージャでインストールした場合は問題ないと思うのですが、単純にアーカイブを展開してインストールした場合は、ほぼ100%の確率で発生?)。

 どうも有名な現象のようで、対処法は以下の通り(JavaSE6の場合)。

1.%JAVA_HOME%/jre/lib/fontsフォルダ内に、fallbackフォルダを作成。
2.何らかの日本語フォントのシンボリックリンクを、上記フォルダ内に作成。例えばFedora7の場合、以下のような感じでさざなみフォントのリンクを作成します。

ln -s /usr/share/fonts/japanese/TrueType/sazanami-* .

 OSによって、フォントの名前やファイルの場所は異なってくると思いますが、基本は同じ。

|

« Xming(2) | Main | Ubuntu Serverで環境構築 »

Java」カテゴリの記事

Linux」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Javaで日本語が豆腐に:

« Xming(2) | Main | Ubuntu Serverで環境構築 »