« August 2007 | Main | October 2007 »

September 2007

2007.09.30

カウル

 タカラトミーのカウル。見かけたので、つい購入。買ったのはHonda STREAM。

 小学生の頃(20年ほど前)で言うところの、ミニ四駆のような感じ?(今もあったような気がしますが)

 早速作って走らせてみたのですが、なかなかいい感じですね。さすがに、オン/オフの2値だけだと、左右への操作が難しいですが。

Continue reading "カウル"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.09.29

UbuntuでFDclone(2)

 コンパイルできなかったのはなんのことはない、ncurses/ncurses-devel がインストールされていないことが原因でした(エラーメッセージの/usr/bin/ld: cannot find -lncursesはそういうことなんですね)。なお、それに気付いたのは、Linux/RedHat/fdcloneのページからです。

Continue reading "UbuntuでFDclone(2)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.09.28

UbuntuでFDclone

 FDcloneなるものを発見。PC-98版のFDは中学生~高校生~大学生の初め頃までお世話になったツールです(大学生に入ってから、WDに乗り換えましたが)。

 Ubuntu Serverにインストールしようとして、FD-2.09e.tar.gzのソースをダウンロードし、make(ちなみに、参考にしたのはIT pro 【特選フリーソフト】DOS時代の定番ファイラーのLinux版 FDclone)。

 ・・・が、/usr/bin/ld: cannot find -lncursesというエラーが発生してしまい、インストールに失敗。dosdisk.hのところで、warning: ‘packed’ attribute ignored for field of type ‘u_char’ってのが大量に発生しているのも気になるところではありますが。

Continue reading "UbuntuでFDclone"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.09.27

Tomcat Value

 使用率の高いTomcatサーバーをリアルタイムで追跡&チューニング

 こんなことができるんですね。今度、ある程度まとまった時間がとれたときにでも試してみたいところです。

#ただ、さすがに多用しすぎると、オーバーヘッドでサーバにそれなりの負荷がかかってしまう?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.09.26

Teeda&S2XML-RPC(2)

 XML-RPCのテストクライアントもS2XML-RPCを用いて作成するという選択肢もあるのですが、ここではあえて「異なる実装」を使用してテスト(まぁ、内部的に追っていくと、結局は同じ実装にたどり着いたりするのかもしれませんが)。

 で、使用したのが、Redstone XML-RPC Library。かつて、Marquee e XML-RPCという名前で公開されていたライブラリを取り込んで発展したもののようです(JavaプログラミングでのXML-RPCのページで紹介されていたところから辿っていきました)。ちなみに、Redstone XML-RPCのライセンスはLGPLとのこと。

 redstone-xmlrpc-1.1.zipをダウンロードし、xmlrpc-1.1.jarxmlrpc-client-1.1.jarの2つのファイルを、テスト用のクラスパスに追加(webapps側のクラスパスではなく、ローカル用のクラスパスに追加)。

Continue reading "Teeda&S2XML-RPC(2)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.09.25

Teeda&S2XML-RPC(1)

 Teedaの環境にS2XML-RPCを追加してみました。通常はブラウザからのアクセスを前提としていながら(Teeda側)、専用のクライアントからのアクセスも受け付ける(XML-RPC)といったようなアプリケーションを想定。

 使用したバージョンは、S2.4.17 + Teeda1.0.11-RC2-SNAPSHOT + S2XML-RPC0.3.0 + S2Remoting1.1.0 + Apache XML-RPC 3.1の組み合わせ。各アーカイブファイルに含まれているs2xmlrpc-0.3.0.jars2remoting-1.1.0.jarxmlrpc-client-3.1.jarxmlrpc-common-3.1.jarxmlrpc-server-3.1.jarws-commons-util-1.0.2.jarの6つのjarファイルを、webapps用のクラスパスに追加。実際には不要なjarファイルもあるのかもしれませんが、精査は行っていません(^^;

 S2XML-RPC 基本的な使い方では、org.seasar.framework.container.servlet.S2ContainerServletorg.seasar.remoting.xmlrpc.servlet.S2XmlRpcServletをロードする設定例が記載されていますが、Teedaの環境ではorg.seasar.teeda.core.webapp.TeedaServletが既にロードされています。

Continue reading "Teeda&S2XML-RPC(1)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.09.24

svndumpfilter&mkdir

 svndumpfilterを用いることで、あるリポジトリのうちの一部の部分だけを別のリポジトリに移動することが可能ですが、抽出する範囲によってはload時に「パスが見つかりません」といった感じのエラーが出てしまう場合が。

 例えば、

svnadmin dump Hoge | svndumpfilter /hoge/fuga > hoge.dat

って感じで出力したダンプを別のリポジトリに取り込む際、対象となるリポジトリにおいて/hogeフォルダが存在しなかった場合、loadに失敗してしまいます。

 こういう場合は、取込先のリポジトリに対して、あらかじめ

svn mkdir http://localhost/svn/Fuga/hoge -m ""

って感じでフォルダを事前に準備しておけばOK。

#/hoge/fugaを例えば/fugaって感じでフォルダ移動もまとめて行えるとさらに便利なんですけどねぇ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.09.23

Fedora7でTomcatを稼働

 FedoraFedora-JP)7に触れる機会があった(というか、何となくインストールしてみた)ので、例によってTomcatの稼働環境を構築してみました。
 Ubuntu Serverにて環境構築したのと同様に、パッケージインストール&手動インストールの組み合わせ。

1.Fedoraのパッケージマネージャ(pirut)を用いてTomcat5.5.23(およびそれの関連パッケージ類)をインストール。
2.SunのJavaSE6 Update2をダウンロードし、展開。
3.Tomcat5.5.25のCoreをダウンロード時、展開。

Continue reading "Fedora7でTomcatを稼働"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.09.22

Lambda Probeメッセージを日本語化

 Lambda Probeは元々日本語リソースを有しているので、特に意識することなく日本語のメッセージを表示させることができます。

 が、英語モードで動作しているような環境でメッセージが英語で表示されている場合は、Tomcat起動時に以下のパラメータをセットすることで対応可能。

-Duser.country=JP -Duser.language=ja

#基本はブラウザから送られてきている情報を元に表示する言語を決めているようですが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.09.21

サポート料金

NECがサポート体系を変更、受益者負担で一部を有料化
購入後2年目以降は1件2000円、他社製品にも対応する有料メニューを用意

 サポートを1回も利用しない(利用する必要がない)人、時々サポートを利用する人、頻繁にサポートを利用する人(中には、同じことで何度も問い合わせを行う人)。サポートを利用するかどうかは人それぞれなのですが、ものによっては「平均的な」サポート回数を見越した金額が、販売価格に上乗せされていたりするってこともあるんでは? (仮にそうだとしたら、サポートを1回も利用しない人は少し損をしていることになりますね)

 個人的には、ある程度の回数(頻度)を超えた問い合わせや、(同じ人からの)過去の問い合わせと同じような内容のものに関してはお金を取ってもいいのでは、と思ったりします(ところで、どうやって請求&支払いを行うんでしょうね? 振り込み?)。ってことで、こういったサポート体制が広く受け入れられてくれるといいなぁ・・・と(^^;;

Continue reading "サポート料金"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.09.20

Java Expert #2

 Java Expert #2が10月下旬発売とのことです(SD10月号に広告が載ってました)。

 特集としては、

  • JRubyで輝くJava VMの潜在能力
  • 国産Javaフレームワークの決定版 Teeda最新活用ガイド
  • 見えてきたJavaのネクストステージ JavaFXで広がるRIAの世界

    で、その他諸々。

  • | | Comments (0) | TrackBack (0)

    2007.09.19

    Lambda Probe起動失敗

     Lambda Probeで、これまでにいくつか上手く動かないという現象に遭遇。

    Lambda Probeでグラフが表示されない
    Lambda Probeでトップページも表示できない

    とりあえずそれらに対して対応をしてきましたが、また新たな現象に(Ubuntu Server上で発生)。

    Continue reading "Lambda Probe起動失敗"

    | | Comments (0) | TrackBack (0)

    2007.09.18

    Ubuntu Serverで環境構築(4)

     とりあえず、Ubuntu Server上でJava6+Tomcat5.5.25を動作できるようになりました・・・が、jconsoleでTomcatにアタッチできないと言うことが発覚。

     psのプロセス一覧や/etc/init.d/tomcat5.5を見てみると、/usr/bin/jsvcを経由してTomcatを実行しているようです。Tomcatに付属のstartup.shを(JAVA_HOME等を書き換えて)利用してTomcatを起動した場合はjconsoleで問題なくアタッチできるので、この部分が影響しているんでしょうかねぇ・・・。

     Tomcatのアーカイブに付属されているjsvcを用いたらどうだろう・・・ということで、コンパイルして試してみたのですが、結果は変わらず。う~ん・・・jsvcを使用しないように/etc/init.d/tomcat5.5を書き換えるしかないんですかねぇ・・・。

    【2007/10/20追記】---------
    jconsoleを実行する際の権限の問題だったっぽい。sudo jconsoleで実行すればOK。ただし、Java6の場合でも、Tomcatの起動時パラメータでJAVA_OPTS="-Dcom.sun.management.jmxremote"の指定が必要となります(指定していないとjconsoleから検出は可能ですが、アタッチに失敗します)。
    ただ、何故か、jconsole上でクラス名が取得できないんですよね・・・。

    ※なお、この部分はUbuntu7.10での話ですが、7.04等でも同じかと。
    -------------------------

    Continue reading "Ubuntu Serverで環境構築(4)"

    | | Comments (0) | TrackBack (0)

    2007.09.17

    携帯電話の本体料金/通話料金

     先日の@ヒューマンにて携帯電話の本体料金/通話料金に関する話をやっていました。

     安く販売した本体料金は「通話料金」に上乗せされているとのことですが、月々の「基本料金」には含まれていないってことなんでしょうかね。だとしたら、ほとんど通話をしないので「通話料金」が安い方がいいかも。本体料金が高くなる変わりに、基本料金が安くなるのであれば話は変わってくるかもしれませんが(笑)。

     とりあえず、今の料金体系での不満なところは・・・

    Continue reading "携帯電話の本体料金/通話料金"

    | | Comments (0) | TrackBack (0)

    2007.09.16

    Ubuntu Serverで環境構築(3)

     VMwareではなく単体のPCを用いてUbuntu Serverで環境構築は問題なくできた・・・ってことは、方向性(アプリケーションのインストール法等)としては間違っていないはず。

     ってことで、いろいろと見直していると・・・VMX Builderで新しい環境を構築した際に、細かい設定を全くしていなかったことが発覚。.vmxファイルの定義において、ホスト環境がVMwarePlayerではなくVMware Workstationになっていたり(^^;

     ってことで、.vmxファイルの設定を修正(ゲストOSの種類もLinux/Ubuntuを選択)して、再度挑戦。

     ・・・さっくりと、問題なく動作しました(笑)。設定はちゃんとしなければいけないってことですね。

    Continue reading "Ubuntu Serverで環境構築(3)"

    | | Comments (0) | TrackBack (0)

    2007.09.15

    JFreeChart:NoClassDefFoundError

     WebアプリケーションでJFreeChartを使用とした場合に、jarファイルをちゃんとコピーしているにもかかわらずNoClassDefFoundErrorが発生してしまう場合。

    -Djava.awt.headless=trueで回避できる可能性

    #Lambda Probeでチャート(統計データ)が表示されない現象に遭遇して調査。パスの設定以外にも、こういうのが原因としてあるようです。

    | | Comments (0) | TrackBack (0)

    2007.09.14

    Ubuntu Serverで環境構築(2)

     VMware上でUbuntu Serverで環境構築を行おうとしたところ、謎なエラーが出て事実上使い物にならなかった・・・ということで、VMware上ではなく、独立したPCにインストールしてみることで挑戦。

    Continue reading "Ubuntu Serverで環境構築(2)"

    | | Comments (0) | TrackBack (0)

    2007.09.13

    チタニウム・シェービングジェルフォーム

     シック クアトロ4 チタニウム薬用シェービングジェルフォーム
     近くの薬局で見かけたので何となく買ってみたのですが・・・「酸化チタン*配合。皮膜を作って肌を守ります。 * 助剤」とのこと。

     ん~酸化チタンが果たしてどういう風に作用しているのやら??

     使ってみたのですが、いまいちよくわかりませんでした。まぁ、何回か使っていると違いがわかるのかもしれませんが。

    #うっかりと(?)血を出してしまうのがなくなるといいなぁ、とか(笑)。

    | | Comments (0) | TrackBack (0)

    2007.09.12

    Ubuntu Serverで環境構築

     できるだけOS側のメモリ消費量が少ないApache/Tomcatサーバ環境を構築したいと思って、Ubuntu Server(7.04)のインストールに挑戦。

     まずは例によってVMwarePlayer用の仮想環境にインストール。基本的に悩むところはほとんどなし。選択項目としては、

    ・国(Japan)
    ・Latin modeとnon-Latin modeの切り替え用のショートカット(Alt+Shift
    ・時刻設定(UTCですか?の問いにいいえ
    ・パーティショニング(HDDの全領域を利用し、Swapとそれ以外(/)の2つのみ使用)
    ・DNSサーバ、LAMPサーバ(インストールしない

    ってなところでしょうか。あえて、Apache等は後からインストールすることに。

    Continue reading "Ubuntu Serverで環境構築"

    | | Comments (0) | TrackBack (1)

    2007.09.11

    Javaで日本語が豆腐に

     Linux上で、例えばjconsoleを起動した場合、日本語の部分がことごとく豆腐(□)になってしまうという現象が(おそらくパッケージマネージャでインストールした場合は問題ないと思うのですが、単純にアーカイブを展開してインストールした場合は、ほぼ100%の確率で発生?)。

     どうも有名な現象のようで、対処法は以下の通り(JavaSE6の場合)。

    1.%JAVA_HOME%/jre/lib/fontsフォルダ内に、fallbackフォルダを作成。
    2.何らかの日本語フォントのシンボリックリンクを、上記フォルダ内に作成。例えばFedora7の場合、以下のような感じでさざなみフォントのリンクを作成します。

    ln -s /usr/share/fonts/japanese/TrueType/sazanami-* .

     OSによって、フォントの名前やファイルの場所は異なってくると思いますが、基本は同じ。

    | | Comments (0) | TrackBack (0)

    2007.09.10

    Xming(2)

     XLaunchを利用せずにXming.exeで起動したXserverに接続する方法・・・。

    1.デフォルトでは、アクセス制限がかかっているため、export DISPLAY=192.168.0.5:0って感じでディスプレイを指定しても、接続できません。
     ⇒X11フォワーディングを行えばOK。UTF-8 TeraTerm Pro with TTSSH2PuTTYjpの場合、接続設定画面で設定できるので、それを有効にすれば接続できます(PuTTYjpしか動作確認していませんが・・・)が、ディストリビューションによっては上手くいかないかもしれません。

    Continue reading "Xming(2)"

    | | Comments (0) | TrackBack (0)

    2007.09.09

    Xming

     CygwinでXserverの環境を構築したばかりなのですが、日経Linux10月号にてXmingなるものがあると言うことを知りました。

     Cygwinのところでも書きましたが、「開発環境」が欲しいのではなく、目的はXserverなので、より簡単に(?)環境を構築できるというのは助かります。ってことで、早速試してみました。

     参考にしたのは、Xmingを使ってWindowsからLinuxを使うのページと、Windows から Xming を使用した Linux サーバを利用する方法のページ。

    Continue reading "Xming"

    | | Comments (0) | TrackBack (0)

    2007.09.08

    Cygwin

     Cygwinのインストールに挑戦。といっても、目的はCygwin上で何らかの開発を行ったりすると言うわけではなく、Xserverを起動することのみ(^^;

     参考にしたのは、K-na TechNotes Cygwin のインストールのページと、MS-Windows 上の cygwin へのFontForge のインストール手順のページ。

    【インストール】
     ダウンロードしたsetup.exeのバージョンは1.5.24-2。保存したexeファイルを実行し、基本的にデフォルトの設定のままインストール。コンポーネントのダウンロードサイトとしては、http://ftp.jaist.ac.jp/ を選択し、以下のコンポーネントにチェックが入っていることを確認してインストール実行(数年前にXFree86からXorgに変わったようです)。
    ・Base
    ・Devel/gcc
    ・Devel/gdb
    ・Devel/make
    ・Devel/gettext-devel
    ・Net/openssh
    ・Editor/vim
    ・X11/X-startup-scripts
    ・X11/XFree86-lib-compat
    ・X11/xorg-x11-base
    ・X11/xorg-x11-bin
    ・X11/xorg-x11-bin-dlls
    ・X11/xorg-x11-bin-lndir
    ・X11/xorg-x11-etc
    ・X11/xorg-x11-f100
    ・X11/xorg-x11-libs-data
    ・X11/xorg-x11-xwin
    ・X11/xterm

    ちなみに、インストールを忘れていた場合、再度setup.exeを起動して処理を進めていけばOK。

    Continue reading "Cygwin"

    | | Comments (0) | TrackBack (1)

    2007.09.06

    DoCoMoとReferer

     DoCoMoの携帯電話のブラウザって、Refererが出力されていないものがあるんですね・・・。

     Refererに依存した処理を書いていたので、見事にハマってしまいました(苦笑

    | | Comments (0) | TrackBack (0)

    2007.09.05

    Lambda Probeでトップページも表示できない

    CSSすら読み込めない・・・いろんなものが403になってしまっている。

     ⇒ なんのことはない、tomcat-users.xmlの設定(roleの設定)が間違えていただけでした。

    | | Comments (0) | TrackBack (0)

    2007.09.04

    SQLiteで複数DBへの同時接続

     SQLiteのデータベースファイルhoge.dbに含まれているテーブルhogehogeと、fuga.dbに含まれているテーブルfugafugaとを結合した結果を得たいような場合。

    C:\sqlite_data>sqlite3.exe hoge.db ⇒ まず、hoge.dbに接続する(別にfuga.dbでもいいのですが)

    sqlite> attach database "fuga.db" as fuga ⇒ fuga.dbをfugaという名前で接続。
    sqlite> select hogehoge.*, fugafuga.* from hogehoge, fuga.fugafuga fugafuga where hogehoge.keyfield=fugafuga.keyfield ⇒ keyfieldという列の値で2つのテーブルを連結。

    ってな感じ。

     attachするときに注意しなければならないのは、".db"のような感じでデータベースファイルに"."を含んでいる場合、ファイル名をシングルクォーテーションあるいはダブルクォーテーションで囲まなければならない点。忘れた場合、SQL error: no such column:が発生します。

    | | Comments (0) | TrackBack (0)

    2007.09.03

    世界陸上

     それなりに(テレビで)見ていたのですが、実況何とかならないんですかねぇ・・・。

     僕自身は中1から高3の夏まで(中高一貫校)陸上をやってましたが、結果は(以下略)。卒業して以降、力のある選手も増えたようで、全国大会に出場している人もちらほらいるようです。

     まぁ、僕の頃は、高校になってからも部活をしている人数そのものが非常に少なかったのですが(^^;

    | | Comments (0) | TrackBack (0)

    2007.09.02

    クラブオンポイント

     来年から西武百貨店のクラブ・オンのポイントシステムが変わるようです。

     食品・催事場での購入金額も、年間の累計購入金額に含まれるようになるってのが一番大きな変更点でしょうかね? とは言っても、地下食品売り場での購入金額を足しても年間20万円(翌年ポイントアップ)には届かないんですよねぇ・・・。食品の購入金額もそのままポイント加算の対象となってくれればうれしいのですが(^^;

    #とは言っても、年間数万円(=1%だったとして数百ポイント)ですが。

    | | Comments (0) | TrackBack (0)

    « August 2007 | Main | October 2007 »