« EXILIMケータイ | Main | EclEmma »

2007.08.07

再変換

 日経パソコンオンライン キー操作一発で再変換に書かれている「Shift」+「変換」キーによる再変換。なかなか便利かも?(「Ctrl」+「BS」での再変換は長年使っていますが)

 ただ、実際にそれを使用するといい機会に、そのキー操作を覚えているかどうか? 漢字変換の際に使用しているキー操作は、基本的にATOK6の頃から変わっていなかったりするので(^^; (実はATOK6の頃からあったキー操作だったりして?)

 IMEのON/OFFの切り替えだけはさすがに変わっていますが(昔は「Ctrl」+「XFER」だったかな?)。確かATOK8あたりからキーバインドを変更できるようになりましたが、再インストールなどの際に設定し直すのが面倒などの理由で、ほとんどデフォルトのまま使うようになりました。

 ちなみに、一太郎Ver.3の頃は、再変換できるように(文書データに)内部的に入力時の仮名データを保持していましたね。で、それが保持されている間は再変換可能で、その情報を消すと再変換できなくなったはず(具体的な機能の名称は忘れてしまいましたが)。

|

« EXILIMケータイ | Main | EclEmma »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3959/16034098

Listed below are links to weblogs that reference 再変換:

« EXILIMケータイ | Main | EclEmma »