« Seasar2アプリに対してEMMAでカバレッジ | Main | PostgreSQL用デザインツール »

2007.08.25

Eclipse上でjarファイル内のソース参照

 Eclipseでは、クラスパスに通しているjarファイルに対してソースの添付を行うことができ、例えばデバッグ中などに参照することができます。

 しかしながら、Seasarのソースファイルを添付した場合、ソースファイルがUTF-8で保管されているため、Windows上ではデフォルトの設定では見事に化けてしまいます。
 開発対象となるソースファイルに対しては、文字コードを指定することができるのですが、jar(zip)ファイル内のソースファイルに対して文字コードを指定する方法がわからない・・・。もちろん、ソースファイルをShift-JISで保管し直して添付し直せば問題なく表示できるんですが、面倒(^^;

 とりあえずは、eclipse.iniファイル内に、-Dfile.encoding=UTF-8って追記すればUTF-8で保管されたソースファイルも問題なく表示できるようになりました。が、この方法の場合、UTF-8以外の文字コードが含まれていた場合に化けてしまうこととなるので、その場しのぎの対応でしかありません(^^;
 しかも、この設定だと、コンソールへの出力が化けてしまいます。もちろん、コンソールに出力する際に、UTF-8で出力するようにすれば問題はないのですが・・・これはこれでなかなか面倒。

 jar(zip)ファイル毎に、その中に含まれているソースファイルのエンコードを指定することができれば非常に助かるのですが・・・う~ん。

#さすがに1つのjar(zip)ファイル内のソースで、文字コードが混在しているというのは考えたくない(^^;

|

« Seasar2アプリに対してEMMAでカバレッジ | Main | PostgreSQL用デザインツール »

Java」カテゴリの記事

Comments

実は、Window -> Preference -> Workspace で "Text file encoding" の部分をUTF-8に変更することで、jarファイル内のソースを参照するときの文字コードも変更されるようです。
この場合、標準出力への出力も特に問題なし。

Posted by: syo | 2007.11.18 at 16:51

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3959/16213831

Listed below are links to weblogs that reference Eclipse上でjarファイル内のソース参照:

« Seasar2アプリに対してEMMAでカバレッジ | Main | PostgreSQL用デザインツール »