« redMine&Apache(FastCGI) | Main | redMine&Apache(Proxy) »

2007.05.12

TracのTicket WorkFlow

 redMineにおいては、BTS部分のワークフロー(ステータスおよびステータスの遷移条件)を自由に変更できます。Tracでは標準ではワークフロー変更機能はありませんでしたが、どうも次のバージョン(0.11)で変更機能を標準でサポートするようになるようですね(TracのWorkFlowページより)。

 ワークフローの対応としては、

  • 第一段階(Phase1)
      Ticketのステータスの追加およびステータスの遷移条件の変更。設定のサンプルもあるようです。

  • 第二段階(Phase2)以降
      Pluginによりチケットのフィールド(項目)やその型を(trac.iniを編集することなく)追加することが可能な機能。

    の2つに分かれており(解釈を間違えていなければ、ですが)、0.11では第一段階の取り込みのようです。

     ちなみに、Pluginを使用して、チケットのステータス変更に併せて何らかのアクション等を自動的に起こすようなことも可能なようになっているようです(サンプルプラグインも公開されています)。

    #0.10.4(ja)を0.11devにUpdateして試したわけではないので、具体的にどのような感じの動き&画面になるのかはわかりませんが(^^;

  • |

    « redMine&Apache(FastCGI) | Main | redMine&Apache(Proxy) »

    Subversion・Trac・etc.」カテゴリの記事

    Comments

    Post a comment



    (Not displayed with comment.)


    Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



    TrackBack


    Listed below are links to weblogs that reference TracのTicket WorkFlow:

    « redMine&Apache(FastCGI) | Main | redMine&Apache(Proxy) »