« Subversion認証情報の保存 | Main | enscriptで色付け »

2007.04.13

JFormattedTextField

 JFormattedTextFieldを使用すると、フォーマット付きのテキストフィールド(入力域)を簡単に作成することが可能となります。例えば、日付を入力する場合、

new JFormattedTextField(new DateFormatter(new SimpleDateFormat("yyyy/MM/dd")));

ってな感じで初期化するだけでOK。明示的に日付をセットする場合(例えば初期値としてシステム日付を入れたりする場合)、JFormattedTextField#setValue(Object)でjava.util.Dateオブジェクトを渡すと、よきに計らってくれます。

 デフォルトの状態だと、2007/04/31なんて入力すると、フォーカスロストのタイミングで2007/05/01になります(java.util.Calendar#setLenient(true)の状態)。
 ちなみに、それぞれの区切り(年/月等)のところで、カーソルキーの上下を押すと、キャレット位置の値がSpinnerのような感じで+1/-1するんですね。

|

« Subversion認証情報の保存 | Main | enscriptで色付け »

Java」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3959/14663178

Listed below are links to weblogs that reference JFormattedTextField:

« Subversion認証情報の保存 | Main | enscriptで色付け »