« 久しぶりにJavaHL | Main | ZipOutputStreamで空ファイルの出力 »

2007.03.25

SVNKit&JavaHL

 Subversionのリポジトリに対してアクセスするためのJavaライブラリとして、JNIを使用するJavaHL以外にSVNKitってのもあります。SVNKitは「かつてはJavaSVNと呼ばれていた」Pure Javaによる実装ですが、Pure Javaで実装されているため動作させるOSを気にすることなくSubversionに対してアクセスすることができます。

 ところが・・・JavaHLとはアクセスの仕方が全然違う(涙)。一応サンプルソース等も公開されているのですが・・・勉強不足だなぁ(苦笑)。まぁ、それはそれとして、とりあえずJavaHLと同じ扱いで、JNI経由ではなくPureJava実装経由でアクセスする方法が提供されており、それを使うと以下のようにSVNClientを初期化するところを書き換えるだけでJavaHLを使った場合と全く同じような感じでアクセスすることができます。

SVNClientInterface client = SVNClientImpl.newInstance();

 もちろん、この実装を使用すると、DLLを準備する必要はなくなります(なお、JavaHLで使用するsvnjavahl.jarは必要です)。

#SVNClientImplの実装を読めば、SVNKit本来の使い方でアクセスする方法を勉強できそうな感じ? ただ、SVNClientのアクセス方法がシンプルなだけにそこまで気力があるかどうか(^^;

|

« 久しぶりにJavaHL | Main | ZipOutputStreamで空ファイルの出力 »

Java」カテゴリの記事

Subversion・Trac・etc.」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference SVNKit&JavaHL:

« 久しぶりにJavaHL | Main | ZipOutputStreamで空ファイルの出力 »