« Subversionのpost-commit hook | Main | Log4j »

2007.02.25

一括自動ダンプ

 リビジョン単位でダンプファイルを作成するにはFORコマンドを使用することで1コマンドでできますが、開始リビジョン・終了リビジョンを意識する必要があるのが難点。

 ってことで、以下のようなのを考えてみました。

FOR /R .\repos\db\revs %I IN (*)
 DO IF NOT EXIST .\dump\%~nI.dump
 svnadmin dump local --incremental -r %~nI > .\dump\%~nI.dump

カレントフォルダを基準として、reposフォルダがリポジトリ、dumpフォルダがダンプファイルの格納先。IF NOT EXISTを用いて、対応するリビジョンのdumpファイルが存在しない場合のみsvnadmin dumpコマンドが実行されるようになっています。

 難点は、都度フォルダ内の全ファイルをチェック対象とするため、リビジョンが上がれば上がるほど処理が完了するまでの時間がかかるようになってしまうことでしょうか(^^; まぁ、ファイルの存在チェックならそんなに時間がかかることもないかとは思いますが・・・。

|

« Subversionのpost-commit hook | Main | Log4j »

Subversion・Trac・etc.」カテゴリの記事

Comments

 ちなみに、これに関連してload対象となるリビジョンを自動的に判断して処理を行わせるバッチも作りたかったのですが・・・loadの際は順番が重要になってくるので断念(苦笑)。

Posted by: syo | 2007.02.26 22:53

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 一括自動ダンプ:

« Subversionのpost-commit hook | Main | Log4j »