« svkを使ってネットワーク外で同期 | Main | JUST Suite 2007 発売延期 »

2007.02.03

IE7でwindow.close()

 IE7以降、window.close()を用いて画面をクローズしようとした場合は(仮に親ウィンドウからオープンされている場合でも)必ず確認ダイアログが表示されるようになったようです。

 IE6の場合、親ウィンドウがいなくても、window.openerに値をセットすることでダイアログが表示されるのを回避することができていましたが・・・その技が使えなくなるのはともかくとして(元々そういう動きをすること自体がいいことなのかどうか微妙なところではありましたが)、本当に親ウィンドウがある場合でもダイアログが表示されるようになったのは辛いところ。

 ただ、どうもwindow.open()で開かれたウィンドウに限り、window.close()でダイアログなしで閉じられるようです。もっとも、window.open()を用いた場合、ポップアップブロックの餌食となってしまいますが。
 っていうか、ココログの新規投稿ページのカテゴリー追加や複数カテゴリーの選択ダイアログの動きがちょうどそれですね。とりあえず、ポップアップブロックの除外サイトとしてココログの投稿ページを登録することで回避していますが。

|

« svkを使ってネットワーク外で同期 | Main | JUST Suite 2007 発売延期 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

プログラム」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference IE7でwindow.close():

« svkを使ってネットワーク外で同期 | Main | JUST Suite 2007 発売延期 »