« コマンドプロンプトあれこれ | Main | RAID対応ノートパソコン »

2006.12.29

ひとりWiki+Subversion(2)

 ひとりWiki+Subversionで、sedを使用しないバージョンのバッチファイル。

svn.exe st data | find "!" > delete.txt
for /F "tokens=2" %%I in (delete.txt) DO svn.exe delete %%I
svn.exe st data | find "?" > add.txt
for /F "tokens=2" %%I in (add.txt) DO svn.exe add %%I
del delete.txt
del add.txt
svn.exe ci data -m ""

 理想は、delete.txtやadd.txtといった一時ファイルすら使わない方法なんでしょうが・・・。

|

« コマンドプロンプトあれこれ | Main | RAID対応ノートパソコン »

Subversion・Trac・etc.」カテゴリの記事

Comments

>理想は、delete.txtやadd.txtといった一時ファイルすら使わない方法なんでしょうが・・・。

usebackq を指定すればコマンドを直接埋め込めます。
とりあえず delete だけ書き換えるとこうなります。

for /F "tokens=2 usebackq" %%I in (`svn.exe st data ^| find "?"`) DO svn.exe delete %%I

Posted by: nanashi | 2006.12.31 at 23:14

なるほど。ありがとうございます。おかげさまで、バッチファイルがかなりシンプルなものになりました(svn delete/svn add/svn ciの3行)。

Posted by: syo | 2007.01.02 at 21:09

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3959/13254992

Listed below are links to weblogs that reference ひとりWiki+Subversion(2):

« コマンドプロンプトあれこれ | Main | RAID対応ノートパソコン »