« Apacheでクライアント証明書 | Main | WebDAVでクライアント証明書 »

2006.12.01

シンプルなWebDAV(on Apache)

 Subversionを使用しない(つまり、ファイルのバージョン管理を行わない)WebDAVサーバをApacheで構築してみました。いろんなところに設定方法が記載されているので詳細は省略するとして、ざっくりと以下のような設定。ちなみに、使用したのはApache2.0.59です。

LoadModule dav_module modules/mod_dav.so
LoadModule dav_fs_module modules/mod_dav_fs.so
LoadModule encoding_module modules/mod_encoding.so

<IfModule mod_dav.c>
  Alias /share "C:/Apache/dav"
  DAVMinTimeout 600
  DAVLockDB "C:/Apache/davlock/davlock"
  <Location /share>
    DAV On
    EncodingEngine On
    SetServerEncoding UTF-8
    DefaultClientEncoding JA-AUTO-SJIS-MS
    AddClientEncoding "cadaver/" EUC-JP
  </Location>
</IfModule>

 Basic認証すら使用しない設定の場合だと、WindowsXPでも普通にネットワークドライブに割り当てることができるんですね(mod_encodingを使用しないと日本語ファイル名は使用できませんが)。
 例えば、http://localhost/share/をXドライブに割り当てると、コマンドプロンプトからも簡単にファイル操作を行うことができます。また、ネットワークドライブとして割り当てを行っているので、Webフォルダとしてつないでいるときと異なり、ファイルを直接開いたときの挙動も通常のローカルドライブと同様になります(例えば、.txtファイルを開くとテキストエディタが開くなど)。

 う~ん・・・Basic認証を使用する環境でもこれくらい簡単にアクセスできればいいのに。

#Vistaだとさらにややこしいことになっていたら嫌だなぁ・・・。

|

« Apacheでクライアント証明書 | Main | WebDAVでクライアント証明書 »

Subversion・Trac・etc.」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3959/12896749

Listed below are links to weblogs that reference シンプルなWebDAV(on Apache):

« Apacheでクライアント証明書 | Main | WebDAVでクライアント証明書 »