« 平間さと子 | Main | Trac0.10でZipダウンロード »

2006.10.31

Trac0.10

 Trac0.10日本語版が公開されたので、手元の0.9.3を0.10へUpgrade。なお、Windows環境でSubversionと連携を行っている都合上、Python2.3を使用しています。

【古いバージョンをバックアップ】
念のため、古いバージョンのTracをバックアップ。

  • C:\Python23\Lib\site-packagesフォルダ内のTrac関係のフォルダ(trac等)を別のところに移動。
  • C:\Python23\share\tracフォルダを別のところに移動。site-packages内のtracフォルダを上書きしてしまわないように注意。
  • C:\Python23\Lib\site-packagesフォルダ内のTrac関係のeggファイル(TracWebAdmin-0.1.1dev_r2765-py2.3.egg等)を移動。

    【インストール】

  • trac-0.10-ja-1.zipを展開し、python setup.py installでサクッとインストール。
  • WebAdminページからダウンロードしたTracWebAdmin-0.1.2dev_r3580-py2.3.egg.zipをTracWebAdmin-0.1.2dev_r3580-py2.3.eggにリネームし、C:\Python23\Lib\site-packagesフォルダ内に移動。

    細かいことは何も考えていません(^^;

    んで、Apacheを起動してプロジェクトを開こうとしたら・・・InternalServerError発生。Tracのログを見てみると、

    Trac[env] WARNING: Component <trac.env.EnvironmentSetup object at 0x05205870> requires environment upgrade

    というメッセージが表示されていたので、コマンドプロンプトから
    python c:\Python23\Scripts\trac-admin testproj upgrade

    を実行してプロジェクトのUpgradeを実行し、Apache再起動。

    とりあえず、問題なく表示されました。思いの外、あっけなく完了。まぁ、実際は他にもいくつかプラグインを導入しなければならないのですが、またそれは別の機会に。

    #Upgradeの際に「libdb44.dllが見つからない」というエラーが出たが、何だったんだろう・・・。おそらく、bdb形式で作成されたSubversionリポジトリに対してアクセスを試みた際のメッセージだとは思うのですが・・・(Subversionリポジトリは全てfsfsで作成)。

  • |

    « 平間さと子 | Main | Trac0.10でZipダウンロード »

    Subversion・Trac・etc.」カテゴリの記事

    Comments

    上記を書いたあと、Subversion1.4にはPython2.4用のモジュールも出ているということを知りました・・・が、とりあえず、当分は2.3のまま放置する可能性大(^^;

    Posted by: syo | 2006.10.31 at 17:53

    「libdb44.dllが見つからない」のは、単純にSubversion1.4.0のbinフォルダにパスが通っていないのが原因でした(^^;

    Posted by: syo | 2006.11.02 at 08:29

    Post a comment



    (Not displayed with comment.)


    Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



    TrackBack

    TrackBack URL for this entry:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3959/12500624

    Listed below are links to weblogs that reference Trac0.10:

    « 平間さと子 | Main | Trac0.10でZipダウンロード »