« DWR使用時のアクセス制限方法 | Main | Java6のSwing »

2006.07.23

Eclipse3.2でJUnit4.0

 半年ほど前にJUnit4.0がリリースされ、先月JUnit4.0に対応したEclipse(3.2)がリリースされ・・・ということで、今更ではありますが、JUnit4.0でテストケースを書いてみました。
 JUnit4.0へのバージョンアップにおいて最大の変更点は、TestCaseを継承したクラスを作成せずに、@Testアノテーションでテストケースをかけること。
 前準備として、JavaプロジェクトのクラスパスにJUnit3.8.1ではなくJUnit4のjarファイルを追加しておく必要があります。Javaプロジェクトのクラスパスの編集画面で、Add Libraryで表示されるJUnit library versionJUnit 4を選択すればOK。New→JUnitTestCaseで表示されるダイアログでJUnit 4 testラジオボタンが表示されます(別に普通にクラスの新規作成でもテストケースを作成できます)。

で、アノテーションを用いることにより、

package test;

import org.junit.Test;
import static org.junit.Assert.*;

public class HogeTest {
  @Test
  public void hogeTest() throws Exception {
    assertEquals("hoge", Hoge.hoge());
  }
}

こんな感じでテストケースを書くことが出来ます(アノテーションを使用するのでコンパイラのバージョンは5.0にしておく必要があるかと・・・)。org.junit.Assert.*をStatic importしておくことで、チェックもJUnit3.8.1の時と同様に、単純にassertEquals(*)が使用可能となります。

|

« DWR使用時のアクセス制限方法 | Main | Java6のSwing »

Java」カテゴリの記事

Comments

【補足】

@Testアノテーションを付加したメソッドは、Publicである必要があります。

Posted by: syo | 2006.07.25 10:03

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Eclipse3.2でJUnit4.0:

« DWR使用時のアクセス制限方法 | Main | Java6のSwing »