« Trac0.8.4→0.9.3 | Main | Tracで2バイト文字ファイル名のアップロード »

2006.01.16

Trac Web Admin Plugin

 Tracは内部の文字コードをUTF-8で管理しているため、コマンドプロンプト経由でデータベースの更新を行う場合、なかなか厄介だったりします。Trac-Adminでコンポーネントなどを書き換えたらすごいことになりました(0.8.4の時の話ですが)。
 0.8.4の時は以前書いたTracWebAdminを使用していたのですが、0.9からは公式の(?)プラグインWebAdminが公開されています。

 インストール方法は、これまた簡単。
 まずはプラグインのインストールに必要となるツールsetuptoolsをインストールする必要があるのですが、ez_setup.pyをダウンロードして、

python ez_setup.py
を実行すれば、自動的に必要なファイルをダウンロードしてきてsetuptoolsがインストールされます(なので、ネットワークにつながっている必要があります)。僕の環境では、http://cheeseshop.python.org/packages/2.3/s/setuptools/setuptools-0.6a9-py2.3.eggがダウンロードされたようです。

 setuptoolsのインストールが完了したら、WebAdminからTracのバージョンに対応したWebAdminモジュールをダウンロードします。今回はTrac0.9.3なので、TracWebAdmin-0.1.1dev_r2765-py2.3.egg.zip。ファイル名をTracWebAdmin-0.1.1dev_r2765-py2.3.eggにリネームし、Python内のLib/site-packagesフォルダ内にeggファイルをコピーすればWebAdminのインストールは完了です。
 実際にWebAdminを使用するプロジェクトのtrac.iniファイルに

[components]
webadmin.* = enabled
の2行を追加すれば、そのプロジェクトにおいてTRAC_ADMIN権限でログインしているユーザーにおいて、Adminメニューが表示されるようになります。

|

« Trac0.8.4→0.9.3 | Main | Tracで2バイト文字ファイル名のアップロード »

Subversion・Trac・etc.」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Trac Web Admin Plugin:

« Trac0.8.4→0.9.3 | Main | Tracで2バイト文字ファイル名のアップロード »