« JavaOneTokyo Day-1 | Main | FD »

2005.11.10

JavaOne Tokyo Day-2

 いよいよ最終日。経済産業省の方の講演が聴けたり、なかなか充実した1日でした。
 ちなみに、一番聴きたかったのが、ひが氏のNext Generation Dependency Infectionだったりします。DIコンテナそのものには結構興味があって、雑誌などでもよく見かけるので内容そのものは大体わかったのですが・・・どなたかが質問された「1つのインタフェースに対して複数の実装クラスがあって、必要に応じて切り替えるようなケースとDIコンテナの適用」という質問が、ちょうど僕も知りたかったところでした。
 ひが氏によると、「Strategyパターンのようなケースには、DIコンテナはあまり向いていない」とのことでした。う〜ん、さすがにそうなのか・・・とは思ったのですが、とは言うものの、必要に応じて「プチ・DIコンテナ」風(?)なものを使うことにより、テストやメンテナンスに大きな効果があるのは間違いないと思います。Strategyパターンは元々インタフェースと複数のそれの実装の切り替えですが、「どの実装を選択するか」という部分を外部からInjectionするような感じですか(他のパターンと近い部分もありそうな気はしますが)。

#Geronimoに関しても、全体としての概念等がわかったのはよかったかな。単なる「J2EEコンテナ」ではないんですね。

|

« JavaOneTokyo Day-1 | Main | FD »

Java」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference JavaOne Tokyo Day-2:

« JavaOneTokyo Day-1 | Main | FD »