« Trac0.9beta1 | Main | 中秋の名月(2) »

2005.09.18

中秋の名月

 綺麗なお月さんですね〜。

 光学ズーム3倍だとやっぱりいまいち楽しくないので、双眼鏡(8倍)の片方のレンズに密着させて撮影してみました(笑)。

 ・とりあえず、被写体を探すのに苦労する。
 ・非常に手ブレが起こる。
 ・ピントがあわせにくい(双眼鏡のピントも重要になってくるようなので)
 ・FinePixF401と今回使用した双眼鏡の組み合わせの場合、F401の方をテレ端にあわせておかなければ、周囲が真っ黒になる(なので、F401の3倍×双眼鏡の8倍で24倍?)。
 ・双眼鏡とデジカメとの連結がすぐに外れる(笑)。

 手ブレは三脚を使うと改善されるとしても・・・双眼鏡とデジカメの連結を固定するのは難しそう。光学10倍ズーム+手ブレ防止機能付きのデジカメなんかだと、結構楽に綺麗に撮影できたりするんでしょうね。

|

« Trac0.9beta1 | Main | 中秋の名月(2) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

はじめまして。突然お邪魔します。

同じ時間に、同じ月を見て、同じ事をされていらっしゃるのを読んでついコメントさせて頂きました。

私はZ1ですが、やはり双眼鏡のピントあわせが重要なようですし、マイナスの露出補正をしないとオーバーに振るようですね。レンズが繰り出すタイプだとトイレットペーパーの芯を適当な長さにして両者接続に使えば多少楽になりそうですが。。

Posted by: warakado | 2005.09.18 at 22:48

 コメントありがとうございます。F401の場合、シャッタースピードが完全に自動なのもちょっとつらいところですか。最初はフラッシュを強制オフにしていたのですが、あるときは1/20、あるときは1/200と、大きくばらつきました。1/200くらいになると、月のクレーターの形もそれなりに映ってくれるのですが・・・(まだパソコンに取り込んでおらず、デジカメの液晶での確認ですが)。ちなみにフラッシュをオートにした場合は、勝手に発光して1/60くらいでした。

 撮影時にピントが合っているかどうかって、デジカメの液晶だとなかなかわかりにくかったです。ピントが明らかにずれていると月の輪郭がぼやけるので、その輪郭を頼りにあわせていましたが・・・さてさてパソコンに取り込んだらどんな感じになっているのやら?

#昔使っていたCASIOの2300ならシャッタースピードをかなり自由に変更できたんですけどねぇ。三脚付きで数秒間オープンにして夜景をとったことも。

Posted by: syo | 2005.09.19 at 07:41

トラックバックありがとうございます。

私も大きくするとあらが見えるので程々にしておきました。デジカメは撮影してすぐ画像を確認できるので、1枚写してはピント合わせ直しの繰り返しで、ましそうなのを選びました。

Posted by: warakado | 2005.09.19 at 19:00

 ちなみに、載せている写真は十数枚撮影した中で、一番まともに映っていたやつです(^^;;
 ひどいやつだとクレーターが全く見えません(苦笑)。

Posted by: syo | 2005.09.19 at 22:01

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3959/6004451

Listed below are links to weblogs that reference 中秋の名月:

« Trac0.9beta1 | Main | 中秋の名月(2) »