« EMMA(3) | Main | 選挙 »

2005.09.10

EMMA(4):リモート操作

 EMMA Release2.1.*では、リモートからデータの取得操作(ダウンロード)を行うことができるため、特にサーバーアプリケーションなどで役立つ、とのことです(カバレッジの情報を取得するためにサーバーを停止する必要がないため)。
 ってことで、とりあえずはSwingSet2.jarでテスト。2.1.5320をダウンロードし、SwingSet2.jarに対してinstr処理。同一のコマンドプロンプトで操作できるようにするため、java.exeではなく、javaw.exeを用いてSwingSet2を起動(もちろん、別のコマンドプロンプトからも操作できると思いますが)。

java.exe -cp emma.jar emma ctl -connect localhost:47653 -command coverage.get,coverage.ec

で処理時点でのカバレッジ情報をダウンロード。続いて、
java.exe -cp emma.jar emma report -r html -sp ./src -in coverage.em,coverage.ec

でレポート作成。あれこれ操作して、coverage.getを行ってレポートを作成しなおすと、カバレッジ%が変化します。
 カバレッジ情報をクリアする場合は、
java.exe -cp emma.jar emma ctl -connect localhost:47653 -command coverage.reset

で処理(ただし、クラスのロード情報に関してはクリアされません)。coverage.getはデフォルトだとカバレッジ情報をmergeして保存するため、完全にクリアする場合はダウンロードしたカバレッジ情報ファイルを削除する必要があります。

#次はフィルタリング機能かなぁ。ソースコードを書き換えた状態での処理時間の変化や、カバレッジ情報が蓄積した状態でのメモリ使用量の増加度合いも調べておきたいところですが。

|

« EMMA(3) | Main | 選挙 »

Java」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference EMMA(4):リモート操作:

« EMMA(3) | Main | 選挙 »