« ViewCVS(2) | Main | FreeMind 0.8.0RC4 »

2005.06.19

Trac

 最近次から次へといろんなものを試していますが・・・WebSVN、ViewCVSに続いて、今回はTracを試してみました。ViewCVSでPythonをインストールしていたので、気分的に少し楽だったかな?
 使ったモジュールのバージョンは(既にインストール済みのSubversion等は除く)、
 clearsilver-0.9.14.win32-py2.3.exe
 docutils-0.3.9.tar.gz
 pysqlite-1.1.6.win32-py2.3.exe
 sqlite-3_2_2.zip
 trac-0.8.3.zip
 で、インストールの参考にしたのはここここです。
 pythonなどで順番にインストールしていって・・・SQLite.exeの配置場所がわからなかったので、適当なところにフォルダを作成して、そこにpathを通しました(pathには他にsubversion/binも含めておく必要がありそうです)。
 で、適当にTracプロジェクトを作成したのですが・・・Tracで登録したデータを保管するSubversionリポジトリと、TracのBrowseSourceで表示されるSubversionリポジトリは別物っぽいですね(Tracプロジェクトを作成する際に、Tracのフォルダとは別にSubversionリポジトリを指定していましたし)。
 Wiki/BTS/Roadmapの連携(&Subversionによる履歴管理)が便利そうだなぁ・・・と思いつつ、とりあえずはWikiページをいくつか入力してみて今日は終了。Wikiの内容に日本語は問題ないようですが、Wikiページ名に日本語ってのはNGのようですね。
 とりあえずはBTSとRoadmapをいろいろといじってみたり、複数プロジェクトの登録を試してみようと考えています(その他にもいろいろと試して見なければいけないことはありそうですが)。っていうか、そもそもApacheの設定をいまいち詳しく理解していないってところをまず何とかしなければいけないような気も(苦笑)。

#TracのサイトではSWIGが必要とのことでしたが、SubversionのPythonバインドモジュールで問題なく動いているようです・・・。もしかしたら、どこかで問題が発生するのかもしれませんが。

#Wikiで作成されたページに<br>が自動付加されるタイミングが?? 次の行が完全な空行だった場合にのみ、<br>が自動付加されているっぽい?

|

« ViewCVS(2) | Main | FreeMind 0.8.0RC4 »

Subversion・Trac・etc.」カテゴリの記事

Comments

【今更ながらの補足】
・単にTracを使用するだけなら、SQLite.exeは不要です。もちろん、dbファイルの内容を直接参照したりするために入れておいた方が無難かと思いますが。
・TracのデータをSubversionのリポジトリに保管したりはしません。SQLiteのデータベースに保管されます(当時勘違いしていました)。

Posted by: syo | 2006.09.10 at 16:40

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3959/4620211

Listed below are links to weblogs that reference Trac:

« ViewCVS(2) | Main | FreeMind 0.8.0RC4 »