« 放送延長 | Main | Java & マウスポインタ »

2004.06.18

Javaクラスファイル→Exe化

 JavaのクラスファイルをさらにコンパイルしてExeファイルとして(Windowsネイティブなものになってしまいますが)ツールを3種類ほど試してみました。・・・が、その中には完全にJREフリーなExeを作成できるものはありませんでした。
 あるツールはjarファイルへの連動を行うためのExeを作るツールだったりしますし、またあるツールはそこそこJREフリーなものになりそうではあったのですが、専用のDLL(そのツールをインストールしたときに同時に入る)がそれなりに必要だったり、Swingコンポーネントを使用していた場合はやはりJREが必要だったり。
 ちなみに、ボタンを押すと「Hello World!」というダイアログを表示するだけのSwing画面を作成してExe化してみたところ・・・Exeで約50Kbyteのサイズ。試しにそれを他のマシンへインストールするためのインストーラ一式を作成してみると、20MByteオーバー(笑)。まぁ、Swingを使用しなければもっとコンパクトにできるんでしょうけど。

 まぁ、今のご時世、CPUパワーのおかげで敢えてネイティブにコンパイルしなくても充分実用に耐えうるパフォーマンスを出してくれることも多いですが(JITやHotSpotの効果もあると思いますが)。

|

« 放送延長 | Main | Java & マウスポインタ »

Java」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Javaクラスファイル→Exe化:

« 放送延長 | Main | Java & マウスポインタ »